手早く仕上がるヘアスタイルが好き

私の髪は肩下までのセミロングで、普段はとにかく手間をかけないのが一番だと思っています。
シャンプー後のセットは、タオルドライの後にDHCのヘアエマルジョンをなじませてドライヤーを当てます。濡れた髪がこすれると傷むと聞いたので、内側までしっかりと乾燥させるようにしていますが、特にブローブラシなどは使いません。
昔は癖っ毛でしたがある程度の長さになるとうねりなども出なくなり、ドライヤーの風だけで特に問題無く仕上がります。
きちんと乾燥させた後にDHCのヘアーオイルを使って髪の表面を落ち着かせています。
乾燥させただけだと、時間が経つと髪のパサつきが気になり、まとまりも悪くなるのでケアケア剤は使うようにしています。
家事などする時に邪魔にならないように一つに束ねることが多いのですが、シンプルにゴムで結ぶだけのことが多いです。
普段着ではなくきちんとした服装で出かけると時のヘアスタイルは、基本的には一つに結ぶだけですが、ほつれが目立たないように耳の横辺りの髪をピンでとめてすっきりとさせるようにしています。
前髪もブローブラシで巻いてドライヤーを当て、その後にヘアスプレー『ケープ』のソフトタイプで軽く仕上げています。
あまりきっちりとセットをすると、時間が経って少し乱れてきたときにかえって目立つようで、その際の直しにも手間がかかるので、自然なスタイルをキープできるように少し手を加える程度にしています。
私が髪をセットする時に一番重要視するのは、手軽さと手直しのしやすさなので、あまり凝ったヘアスタイルにはしないようにしています。
髪の長さもあまり長いとシャンプーやドライに手間がかかり、ショートヘアだとそのスタイルを維持するのに頻繁にカットなどをしないといけないので、さっと結べる今の長さが私には合っていると思います。
ショットおしゃれをして出かけるようなときには少し手間をかけてセットすることもあります。
初めに軽くカールをして癖をつけると扱いやすくなります。
それから一つか二つに編み込みをしていき、そのまま結んでシュシュなどでアクセントをつけたり、編み込んだ髪をアップにしてからバレッタなどで止めてすっきり感を出したりします。
これまでに何度かヘアスタイルを変えたことはあります。
気分を変えて手間もかからなくなるかとショートボブにしたことがありますが、周囲からの反応は良かったものの、肩より上のラインで跳ねないようにセットするのは実はけっこう大変で、毎朝ブローしなくては行けなくて手間をかけたくない私としては失敗でした。
これからもセミロングが一番ではないかと思っています。