毎日ヘアアレンジ!チリチリの髪との向き合い方!

長年髪質に悩んでいます。
子供のころは見知らぬおば様に「櫛を通しなさい」「頭ちゃんと洗いなさい」などと通りすがりに怒られることが何度もありました。
全体的にウェーブがかかり、部分的にチリチリしているところもあります。
中学生まではひとくくりにして過ごしていました。
高校でおさげ、片方だけで太めの紐くらいのボリュームでした。
大学生になってバイトをしてやっと縮毛矯正にたどり着きました。
それでも8時間美容室で過ごします。
薬剤つけて時間をおいて、引っ張って伸ばしてするので次の日は全身筋肉痛です。
薬剤の臭いにやられて体調不良です。
それでも初めてのさらさらの髪でしたのでめちゃくちゃ感動しました。
20代は縮毛矯正で肩にかかるくらいの長さの普通の髪型で過ごしました。
美容院に一日時間を取られるのと、体調不良になるのと、美容師さんに申し訳ないのとでさらさらの髪になる喜びよりも美容室に行くのが嫌になりました。

そこでたどり着いたのが夜会巻です。
うねうねしているのでピンもサクサク刺さります。
固定は万全です。
さらさらの髪だと逆にまとまらないと聞きそういうものなのかなぁと不思議に思ったことがあります。
ネット動画で夜会巻のやり方を知り、何度が練習するとできるようになりました。
慣れてしまえば朝、3分で髪がセットできるのでかなり楽です。
ネットだと夜会巻用のヘアアクセサリーも豊富に取り扱っています。
今までヘアアレンジなんか楽しむことはなかったのですが30代になってやっとヘアアレンジを楽しめるようになりました。
といってもアクセサリーを日ごとに変えたり、夜会巻の巻き方を右巻きか左巻きかに変えたりくらいですが。

ネット動画でくるりんぱを発見した時もうれしかったです。
これでアレンジの幅が広がりました。
適当にくるりんぱしてみつあみしてピンで固定しておけば何となくまとめ髪になりました。
一日持つようにピンを指すのは練習あるのみでしたが、慣れてくるとこちらも簡単にヘアアレンジができるようになりました。
動画もいろんな人の動画をみて、自分ができるできるかどうかイメージしてからやってみるとすんなりできることが多いような気がします。
くるりんぱしやすい道具を使うとか、髪なじみのよいゴムを使って目立たなくするとか工夫するとよりキレイに仕上がります。

ぼさぼさで子供のころ見知らぬ人に怒られた髪質ですが、職場では綺麗にまとめ髪しているねって声を掛けてくれることもあるようになり自己肯定につながっています。